skip to Main Content
         お問い合わせ
第0回地域おうえんBASH「私の考える地域の問題と、その解決のための私の挑戦」を開催します

第0回地域おうえんBASH「私の考える地域の問題と、その解決のための私の挑戦」を開催します

第ゼロ回目の位置づけ

これから、毎月1回程度、開催していく予定ですが、初夏の間は、第ゼロ回と銘打って、プレ的な形で発足していきます。
ぜひ、地域おうえんBASH、面白そうだね、一緒に盛り上げていきたい!という方を中心に集まってもらえると嬉しいです。
第ゼロ回は、5月21日19時から開始!

 

第ゼロ回目のテーマ

テーマ「私の考える地域の問題と、その解決のための私の挑戦」と題して、パネリストの方々に、地方創生に対しての取り組みを発表してもらいます。
ぜひ先進事例として参考にしてもらうとともに、一緒にできることはないか、自分たちでもっとやれないかを考えてもらう時間を目指します。
また、30秒ピッチでは、参加者の自己紹介や活動のPRを設けております!

 

タイムライン

18:30 :開場・受付開始
19:00 :主催者からの挨拶
19:10 :事例の共有、パネルディスカッション テーマ「私の考える地域の問題と、その解決のための私の挑戦」
パネラー:杉山 隆志(一般財団法人カブジチコンソーシアム 事務局次長)
パネラー:簑口 恵美(ランサーズ 地方創生)
ファシリテーター:山下 翔一(おうえんフェス主催/ペライチ代表)

19:50 :有志による30秒ピッチ
20:10 :実践者たちの交流会
21:30 :閉会

 

【プロフィール】

杉山 隆志

外資系コンサルティング会社二社にて地方自治体担当として15年勤務後独立。様々な地域ITコミュニティを支援を実施。NPO法人AIP事業担当理事(現職)として、福岡に各種コミュニティ支援のための拠点AIPカフェを設立、運営中。

天神・大名WiFi化、大名なうなどの活動は、地域ITコミュニティによる地域おこしの活動例として、情報通信白書・NHKや各種新聞など多種のメディアに取り上げられる。佐賀県武雄市におけるSNS活用等の施策にも関与。

現在は、数社の会社経営に参画しながら、今までの集大成的な事業として、自治体が苦手なところを、民間が自ら投資した地域創生会社で推進する「株式会社自治体構想」(カブジチ構想)を佐賀県みやき町にて実践中。

 

蓑口 恵美

ランサーズ株式会社
地方創生グループ
富山県南砺市出身。外資系PR代理店時代にて、外資企業の日本における広報戦略を担当。ITやスタートアップ企業が地域の暮らしを変えている現場を目にし、「誰もが大切な人のそばで働ける社会」を作りたいと考えランサーズに参画。2015年に鹿児島県奄美市との提携を始め、現在は22以上の自治体とパートナシップを結び地域の働き方改革実現に向けて全国を奔走中。

 

山下 翔一

おうえんフェス主催
株式会社ペライチ 創業者
1983年佐賀県生まれ。2008年より広告会社にて上場企業をメインに30社以上の事業戦略・マーケティング・PRなどを請負い、数々の会社のプロモーションによる集客数の記録を塗り替える。 2014年4月に株式会社ホットスタートアップ(現 株式会社ペライチ)を設立。『ペライチ』における開発以外の全般の業務を統括。2016年4月、日本のトップマーケッターである神田昌典氏の『マーケティング白熱会議2016』にて登壇。2016年12月に『2020年東京オリンピック・パラリンピックを活用した地域活性化推進首長・自治体連合』の代表サポーターに就任。2017年3月に真の地方創生を実現する『一般財団法人カブジチコンソーシアム』の代表理事に就任。ペライチの事業を核に、一部の企業のコンサルティングや、全国で年間3000名ほどにペライチについて、起業について、地方創生について講演を行っている。

Back To Top